kaffaブレンドが変わりました。お値段も上がりました。

GW明け、59日より、コーヒー豆の価格を上げさせていただきます。

久しぶりのコーヒーに関する投稿が、値上げのお知らせなんて嫌な感じですが、仕方ありません。

kaffa2年近く温存していたエチオピアハラーオーガニックの最後の5キロが底をつきました。

新たにロイヤルコーヒーさんから購入した「エチオピア クイーンシティハラー」を今後一年以上?使っていく予定です。

去年の10月頃の決済でしたので、今のような円安ではなかったものの、米国における若干のコーヒー豆インフレもあり、前回の購入時よりも円安の上、コンテナ輸送にかかる経費もかなり上昇しておりました。

今後円安が進み、経済的衰退過程での日本国内でのコーヒー豆の需給と価格がどうなって行くのか?コーヒー屋としては心配ですが、可能な範囲で対応していくしかありません。

特に「エチオピアハラー」と「イエメン」、所謂「モカ」の深煎りが欠かせないkaffaとしては、ちょっと頑張らねばなりません。

国内で「エチオピアハラー」が手に入りにくい。入ったとしても質的に劣る状況が常態化しているように見えます。おそらく、コーヒー焙煎業界でのハラーへの需要は、日本のコーヒー豆輸入業者にとっては無視できる程度のものなのだろう、と思います。

というわけで、数年前から、アメリカからわざわざエチオピアの豆を輸入しておりました。

前回までは、国内までのコンテナ輸送費や通関その他の経費を加えても、日本で手に入れるよりも高品質なハラーを若干安く買う事ができて大喜びだったのですが、今回は、価格的には大差ない感じかも知れません。ただ、ハラー自体は、国内で手に入るものよりかなり上質だと思います。

新ハラーカファブレンドを飲み始めて、ほぼ1週間。初日は、「変わり過ぎたかな?」と思いましたが、日が経つにつれ、慣れました。僕が慣れたのか、焙煎後の熟成によるものなのかは判別できません。

今は、少し安心しています。ちゃんとハラーです。あとは、エイジングでどこまで変わるか?この豆が600kgあります。たぶんこれから一年以上の付き合いになります。

これまでが、「オーガニック!」という希少かつ美味しいハラーだったのですが、エチオピアは内戦状態だったりで、ハラーの輸出自体が、世界的にかなり滞っている様子です。ロイヤルコーヒーさんのサイトでも、例年のオーガニックは未だに無いですし。

「クイーンシティハラー」もオーガニックでは無いものの、伝説の「ハラーホース」と所縁ある銘柄。ECXという大規模市場ではなく、以前のような、輸出業者に選ばれた農家の豆中心の銘柄なのだと思います。この豆とkaffaとの付き合いに、今後ともよろしくお付き合いお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。