新しいハラーに変わっています。

新しいハラーに変わって、一週間弱だと思います。

一言で言うと、「驚いています。」25年間以上、僕と焙煎人は、「エチオピア ハラー ボールドグレイン」という銘柄の豆と付き合ってきました。日本で普通に買えるハラーは、僕たちが知る限り、これしかなかったし、これが「好きだった」のだろうと思います。

で、急にロイヤルさんのハラーに変えた。まあ、ハラーなんだから、そんなに変わんないと考えていた。

焙煎人が、初めて焙煎機で焙煎した「クイーンシティ ハラー」主体のカファブレンドを飲む。

まず、香りが強い。味も強い。強烈過ぎる。僕たちが今まで持って来たイメージで言えば、イルガチェフェとか、高い方のイエメンとかに感じるものに近い。

個性的過ぎるかもしれない。

今までのカファブレンドは、毎日何度も飲み続けられるコーヒーだと思ってました。

新しいカファブレンドを初めて飲んだ時は、そこが、心配でした。

でも、一回や二回飲んだぐらいで判断できるほどの感覚はないので、あれから毎日飲んでいます。

毎日飲み続け、一週間弱。今の気持ちを正直に言うと、「いけるかな?」カファブレンドとして。多少の変化はあるけど、悪い変化では無いのはわかります。すごいです。

たぶん、サードウェーブの前後から、きっと産地での精製が進化しているのだと思います。

コーヒーの持つ成分を最大限に生豆に残すために進化している。

それをカップまで、と言うのが「サードウェーブ」の本質の一部だと思います。よくわからないけど。

そういう意味で、新しいハラーは、ガラパゴスだったkaffaをびっくりさせてくれました。

このポテンシャルをどこまで生かせるのか?今後の変化にも、ご期待ください。少なくとも、飽きない。うまいような気がする。深く煎った時の甘いような酸味もかなり濃く感じられる時があります。

楽しみになってきました。

欠点豆はかなりあり、2割ぐらいは捨てる感じだけど、残った豆は濃縮されたコーヒーの実を感じさせるいい豆です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です