西荻ラバーズフェス


西荻ラバーズフェス初出店してきました。
群馬のコーヒー屋なのに。「愛農普及会」と合同で。愛農普及会は、昔から西荻周辺は縄張りだから、西荻ラバーズフェスに出る資格?がある。kaffaも、群馬のコーヒー屋だけど、「kaffa吉祥寺」があるし。住所は吉祥寺だけど、西荻に属してる感を半ば無理やり醸し出して出店応募。

何で西荻ラバーズフェスに出店したかったのだろう?

西荻ラバーズフェス、去年初開催で、焙煎人と僕は、特に焙煎人が、Twitterで気にしていた。「何やら西荻で面白そうなイベントがあるらしい。西荻地元のお店が出店するわりと手作りの音楽フェスが。出店したいよね。」と。

で、Twitterで注視してた。でも別のイベントに出店してたので、実際には見ていない。Twitterのタイムラインによると、成功したらしい。良かったらしい。

で、それから、焙煎人と「来年は出店申し込みしてみようね。」と狙っていた。

前にも書いたけど、フェス出店は、好きな部類の仕事です。音楽とコーヒー淹れるのは、相性がいいから。

黙々と次から次へと7時間で150杯のコーヒーを淹れる。2人で。そこに、音楽があるとないとでは、体験として大きな違いがある。

あと、お客さん。フェスのお客さんは、ハッピーだからね。どうしても。ご機嫌。

かつ、焙煎人は実は西荻ラバーズなのかも知れない。実際、いいお店がある。

「長本兄弟商会ビル?」「こけし屋」
「オーケストラ」「のらぼう」「いしはら(ラーメン)」「一年茶虎」、僕が個人的にオススメするお店。

まあ、西荻ラバーズフェス出店の目的は、商売繁盛のためだな。

無名のkaffa吉祥寺をもうちょっと何とかしたい。

さらには、「愛農普及会」も、もうちょっと何とかしたい。

まあ、要するに、kaffaと愛農普及会のセルフプロデュース企画、みたいな感じで、普段、出店なんかしない疲れきった愛農のおじさん二人と、愛農普及会長女 、純ちゃんを巻き込んでの目論見出店でした。

まあ、出て良かったです。我々の店は、うまくいったと思います。

純ちゃんは、私生活が超忙しい中、プランとパンフと準備に獅子奮迅だったし、疲れきったおじさんたちも、日々の愛農普及会業務を回しつつのことですから、そりゃあ、疲れただろうなあと思います。

kaffa も、へとへとになりました。

個人的に残念だったのは、ステージの音楽がほとんど聞こえなかったこと。コーヒー淹れながら、おかしいなあと思っていたけど、すぐに気がついた。周囲は高層マンション。住宅街。そう言えば、周辺の住民には、実行委員会のスタッフが戸別訪問してご挨拶するとか、言ってた。

でも、ミュージシャン目的の来場者には、ステージ前に充分なスペースがあったから、たぶんきちんと心地よい音が鳴っていたのだと思う。

運営は、地元の若い商店主や住民たちの実行委員会。全てにおいて、すごく親切で丁寧だった印象が残っている。

何万人単位のイベントってイベント会社に主要な部分は委託してやるもんだと思っていたけど、ボランティアを募集して、あのテント群も自分達で建てる。撤収する。周辺に気を配る。ビジネスではないイベントは、やはりすごい。西荻ラバーズなんだよ、皆さん。

kaffa としては、保健所の指導で牛乳を一切使えないという制約があったから、カプチーノ、カフェオレなし。当初は、ブラックオンリーでいこうと思っていたけど、結局、スリーブラウンさんのブラウンスイスのミルクを奥様が煮詰めた「ミルクジャム」を仕入れて、「ミルクジャムコーヒー」と「ミルクジャム紅茶」というメニューを急遽作った。コーヒーに練乳入れただけなんだけど、ただの練乳じゃないからね。なんだかよくわからないポーション使うより全然良かったと思う。

今回の企画で驚いたのは、純ちゃんの息子が素晴らしい看板を作ってくれたこと。何週間か前から「ああ、看板は斗太(息子の名前)に描かせるから。」と、事も無げに言っていた純ちゃん。

前日、我々が吉祥寺についた時点ではなかった看板。斗太は、それから日が暮れるまで庭で子犬たちの写真撮ってた。

 

夕飯時あたりから、何やら愛農の作業場から、野菜を持って来てスケッチを始めた。それから、iPadで何か見ていたから、飽きたのかと思ったら、鳥獣戯画を検索して、画像を描き写してた。それが夜中だ。我々が布団に入る頃、愛農普及会の二階に上がって、でかい白い布に描き始めると言ってた。「できるんかいな?」と思って寝た。

翌早朝、素晴らしいのができてた。後で聞くと、朝4時まで看板作ってたらしい。

朝7時に大量の荷物を、狭いブースに搬入して、お店ひろげて、斗太の看板を立てる。立ててみたら、上下のバランスが悪く、下の余白に、芝生の上でマジックで文字を挿れる斗太。

オープンして、kaffaはコーヒー淹れ続けて、愛農さんはジュース。もう少し、野菜や果物が売れてもいいんじゃないか?と思ったけど。バナナがあまり売れなかったのは意外だった。5時に終了。6時に愛農さんのトラックに荷物を積み、吉祥寺に戻って、荷物を下ろす。一応9時には片付いていた。それから、一息、ちょっとお酒飲んだりして、さて、寝るぞ〜という時、事件は起こったんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です